×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

  1000 presents 
   

「おめでとうなんて、言わないよ?
そんなこと言われたって、嬉しくないでしょ」
「あぁ、別に何もいらねぇよ。今更」
「この歳になったら、オレだって、誕生日なんて、一年で一番嫌な日だしね」
「こうして、カカシが来てくれて、カカシの身体をプレゼントしてもらえるだけで十分だって」
「うん、今日は特別サービスしてあげるからね〜!
ゲンマの言うこと何でもきいてあげるし、どんなプレイもオッケー!」

ゲンマの隣で、カカシが笑って、パチリとウインクをした。

「お、そいつは、有り難てえな。
んじゃ・・・何にするかなぁ・・・」

腕を組み、う〜ん、う〜んとわざとらしく唸りながら、ゲンマはあれこれと考えてる振りをする。
本当の望みは口に出しては決して言えないことだから。

「よし!決まった!」
「何?何?どうして欲しい?」
「俺を見て、1000回ゲンマって言ってくれ」
「は?どういうプレイよ?」
「意味なんてない」
「どうして、1000回なんだよ?」
「それも、意味はないけど。ま、カカシは1000の技をコピーしたんだからな。
で、1000回ってことでいいんじゃね」
「どうやって、数えるの?」
「んなの、自分で考えろよ」
「え〜面倒くさい、えっちに集中できないじゃん。
絶対に途中でわからなくなるって。
っていうより、1000回言うって相当時間かかりそうだけど?
いったい何回するつもりなんだよ!」
「ま、そこが狙いでもある」
「何それ?」
「足掻き苦しむカカシとヤりたい」
「ひっど〜い!どSゲンマ!」
「っていうより、集中できないカカシをイかせたい」
「でもそれじゃ、ゲンマのプレゼントになってないじゃん」
「だから、別に何もいらねぇんだよ。今日ここに来てくれただけでいいんだからさ」
「そお?じゃぁ、始めますか。
ゲンマのお誕生日プレゼント、1000回ゲンマって呼びながらえっちしようー!」

笑いながらそう言って、カカシは穏やかに、ゲンマの瞳を見つめた。

「1回目、
ゲ・ン・マ!」


この後、ゲンマの名前を1000回呼ぶ前に、カカシは散々イかされて、意識を失ってしまった。
気持ち良さそうに眠っているカカシの顔の傷にそっと唇で触れて、ゲンマは囁いた。

「今日のカカシは、いつもより、1000倍可愛いかったぜ。
サンキュ、カカシ。最高の誕生日プレゼントだ」



 

                                                                               2011/7/17

直線上に配置


INDEX



                                セフレな関係なんです、ウチのゲンカカは。
                                お互い、好きだとか、愛してるとか、絶対に言いません。
                                ゲンマは、自分の思いを告げたら、終わりだと思ってるだろうし、
                                カカシは、気がつかないふりをしているだろうし。
                                そんな二人でいいと思います。
                                ゲンマ、お誕生日おめでとう〜!
                                カカシをよろしくね。