×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

共戦共生 共誓共願   完
   

まだ、肩で息をしているカカシの頬にそっと触れる。
髪を撫で、肩を抱く。
呼吸が整うのを待って、
カカシの柔らかい唇に、
ありがとうの思いを込めてキスをした。
 
「カカシ、ありがとう、最高の誕生日プレゼントだったよ」
「先生・・・」
「すっご〜く、よかった。こんな気持ちよかったの初めて!」
「もぉ・・・そんな・・・恥かしいこと言わないでよ・・・」
「だって本当だもん! カカシ大好き〜!」
「オレも・・・先生が・・・」
 
カカシは消え入るような小さな声で囁いた。
「好き」って言ってくれたのは聞こえたけれど、カカシがあまりに可愛いから、オレは聞こえない振りをした。
 
「えっ? 何? カカシ、聞こえなかったけど?」
「聞こえてるくせに〜!」
と、言って、カカシはほっぺをぷくりと膨らませた。
 
「えへへ〜 バレてた? 
いいじゃん! 嬉しかったから、もう1回聞きたかったの!
ねっ!カカシ!」
「先生が好き! 好き! 好き! 先生がだ〜い好き!」
 
カカシは、大きな声で何度も好きと言ってくれた。
 
「カカシ、結婚しよう!」
「えっ!? けっけっけっ・・・結婚!?」
「そう! オレ達、お互い大好きなんだもん!
だから結婚するの!
カカシ、これプロポーズなんだけど
ね〜いいでしょ?」
「先生、意味分かりません!
先生とオレは・・・
男同士なのに・・・」
「え〜? カカシったら、形にこだわる方?」
「それに・・・先生は火影になるんでしょ!」
「火影って結婚しちゃいけないの?」
「いや・・・だから・・・
そんなことはないけど・・・
でも・・・先生とオレは無理でしょ・・・」
「オレ、紙っぺら1枚の掟なんか全然気にしないけど?
オレ達二人が愛し合っていればいいことでしょ?
ダメ?」
「先生・・・」
 
カカシは突然の展開にまだ思考がついていけない。
 
「オレは・・・先生がオレのこと好きって言ってくれただけで・・・
もうそれだけで、十分幸せだから。
結婚だなんて・・・そんなことは・・・」
「もしも、みんながオレ達のこと認めてくれたら?」
「えっ?みんながって・・・?
オレ達のこと秘密じゃないの?」
「ん! オレはカカシのこと隠したりしたくないから。
オレとカカシはらぶらぶ〜って自慢したいの!」
「先生・・・自慢って・・・どんな・・・?」
 
カカシの背中に冷たい汗がつつっと流れた。

「だから、考えておいてね!

オレ達の結婚式!」
「無理です!」
 
今日はきっぱりと断られてしまったけど、
オレは諦めないし、たぶんシカクもね。
最後にはきっと良い返事をしてくれると信じているよ。
カカシ!
 
 
こうしてオレの誕生日は、カカシと結ばれて、
カカシにプロポーズするという今までの人生の中で、
最高に幸せな一日となった。
 
 
これから先、オレが火影になったら、きっと様々な困難や障害がオレ達二人を襲ってくるだろう。
 
 
でも何があっても、
どんなに苦しくても辛くても、
カカシと一緒なら、乗り越えていける。
生涯、共に戦い、共に生きていくことを誓ったのだから。
 
 
オレとカカシ。
ずっとずっと一緒にね。
ただそれだけがオレの願い。
 
 
     共戦共生 共誓共願
 
 
 

                                                           2008/8/2

直線上に配置

BACK INDEX

                              
                               
                               いやぁぁ・・・長かったよ。やっと終わりました。
                               去年の暮れ位から書いていたお話でした。
                          四のお誕生日企画でしたが、終わってみればもう半年も経ってしまいましたね。
                         一度は書いてみたいと思った告白編。
                         今回は四から思いを告げるというお話でしたが、四のお誕生日ってことで、
                               「プレゼントはカカシが欲しい」なんてありがちなネタで書いてみました。
                         私は、どっちかというと、四が言えなくって、ぐずぐずしているうちに、カカシからあっさり、
                               「先生、好きです」なんて告白って方がいいと思ってるので、いつかまたそれは書きたいです。
 
                               四から告白ってことで、最初はシリアスでいこうかと思ってたのですが、あっという間に行き詰って・・・
                          まぁ、やっぱりギャグでいこうということになり、さらに、ここまで来たら、初えっちもか!?
                               ってことになって、またSTOP・・・
                               足掻き苦しみましたけど。
                               あはは〜
                               やっぱ私には無理でした。
                          えろは書くものではなく読むものだと確信しましたよ!
                               何じゃこれ!?みたいな・・・
                               ギャグえろ!? まったくもって萌えも何もないです! 
                          まぁ、ウチにえろを求めていらっしゃる方はいないと思うので(笑)
                          私なりに精一杯書いたつもりなので、自己満足。
                          おそらく、四カカではこれが最初で最後のR指定かと・・・!?
 
                          この続きをお読みになりたい方は、Novel―Oの「お願いだから」Eに飛んでください。
                               四カカ結婚式のお話を書いてますので、笑っていただけると嬉しいです。
                               最後までお付き合いくださった皆様、ありがとうございました!