×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

Five presents

   

☆一番最初に投稿した「The fifth dream」のお話とリンクしてます。
 こちらが、過去編みたいな感じです。


シドがドラクロア研究所の所長になってからというものの、毎日残業続きで、夜帰宅する頃には、ファムランは寝ていることがほとんどだ。
しかし、今日は特別な日。何日も前から、準備万端で待っていたのだから。
何としても、シドが帰ってくるまで起きていたいと思うファムランだった。

玄関のチャイムが鳴って、シドが帰って来た。

「あ、パパが帰って来た!」

ファムランは、シドの元へだだだっと走って迎えに行った。

「ただいま、ファムラン、まだ起きていたのかい」
「だって、今日はパパの誕生日だよ、今日くらい頑張って起きているよ!」
「朝食の時に、もう、お祝いの言葉は言ってもらったからいいのに」

シドはファムランを抱え上げ、頬にちゅっとただいまのキスをした。
ファムランもシドに「おかえりなさい」と言って、小さなキスを返した。

「でも、朝からケーキは食べられないから、夜にするって言ってたじゃないか!」
「おお、そうか、そうか。じゃぁ、着替えてくるから、待ってておくれ」

シドが寝室に行っている間に、ママが料理とケーキをダイニングテーブルの上にたくさん並べてくれた。
「うわ〜い、ごちそうがいっぱいだ!あれ、ろうそくは?」
「さすがに43本も立てられないからね。大きいのが4本と小さいのが3本ね」
「ぼくがやるー!」

ファムランは嬉しそうに、ろうそくを7本立てた。
シドが着替えて、戻ってきた。

「美味しそうなケーキだな」
「パパ、ろうそくに火をつけてよ!」

シドが、ライターでろうそくに火を点けた。

「ハッピーバースディトゥーユー♪ハッピーバースディトゥーユー♪
 ハッピーバースディディアパーパー♪ハッピーバースディトゥーユー♪」

ちょっと音程が外れてはいたが、ファムランは一生懸命シドにために歌った。
「おめでとう!パパ!早くふうってして!」

シドが、ふうっと息を吹きかけて、ろうそくの火を消した。
ファムランは、背中に隠し持っていたプレゼントをシドに渡した。

「はい、パパ、僕からのプレゼントだよ!」
シドはグリーンのリボンをほどいて、画用紙を広げた。
「ありがとう、ファムラン。おお、素晴らしい!上手く描けてる」
「ぼくがデザインした飛空艇だよ!カッコイイでしょ?」
「うん、なかなか、いいセンスをしている。さすが、ワシの息子だ」

シドは嬉しくて嬉しくて仕方ないというように、目を細めながら、ファムランの頭を撫でた。

「よし、これは、いいな。今度、使わせてもらおうか」
「えー?本当に?どこどこ?」
「ああ、これだ、この丸いフォルムは珍しい」
「あ、それ、僕が一番気に入ってるやつなんだ!」

いつのまにか、ファムランはするりとシドの膝の上に登り、一緒に絵を見ながら、「これはね」、「ここはね」と解説を始めた。
微笑ましい二人の姿を見ながら、ママはケーキを切り分けて、お皿に乗せた。

「ありがとう、ファムラン、ステキなプレゼントだね。
パパ、嬉しかったから、パパは自分にもプレゼントあげちゃおうかっなー!」
「えー?パパがパパに?欲しいもの、自分で買っちゃうの?そんなのつまらないじゃん」
「今日は、もう晩いから、明日にしようね、ファムラン」
「明日、買いに行くの?」
「それは、明日になってからの、お・た・の・し・み!」

そう言って、シドはパチリとウインクをした。


翌朝、一緒に朝食を済ませた後、シドはファムランの前に1枚の紙とペンを置いた。

「さぁ、ファムラン、ここにファムランの夢を5つ書いてごらん」
「ぼくの・・・夢を・・・?5つ?」
「そうだ、タイムカプセルにして、お庭に埋めよう!
そして、20年経ったら、開けるんだよ。その時、ファムランの夢は叶っているかな?」
「タイムカプセルーー!!すご〜い!」
「でも、それが、なんでパパのプレゼントなの?」
「ファムランが自分の夢を叶えてくれるのが、パパにとって、最高のプレゼントだからね」
「5つも?たいへんだよ、そんなにいっぱい」
ファムランは困ったような顔をして、頬をぷくりと膨らませた。
「はっはっはっ、パパは欲張りだからな。でも、時間は20年もあるんだから、大丈夫だよ」
「うん、じゃぁ、考えるね」

暫くの間、う〜んと腕を組み、小首を傾げながら考えていたファムランだったが、にっこりと微笑みペンを取った。
どうやら5つの夢が決まったようだ。

「パパ、書き終わるまで、ちょっと後ろ向いてて」
「はいはい」
シドが後ろを向いてから、ファムランはすらすらと書き始めた。

「OK!書けた。もう、こっち向いてもいいよ」

ファムランは誇らしげな顔で、5つの夢を書いた紙をシドに渡した。
「はい、パパ。これがぼくの夢」

『ドラクロアに入る
パパみたいなエトーリアになる
パパといっしょにひくうていをつくる
パパといっしょにつくったひくうていのパイロットになる
ママみたいな人とけっこんして、パパみたいなパパになる』


シドの顔がくしゃくしゃに崩れた。

「いい子だね、ファムラン」
「ねぇ、パパは?パパの夢も一緒に埋めるんでしょ?」
「もちろんだよ。ちゃんと書いてきた」
「見せて!見せてよ!」
「それは、ひ・み・つ!」
「ずるいよー!ぼくのは見たのに!」
「ファムランには難しくて、見てもわからないよ」
「お仕事のことだから?」
「20年後に、一緒にこれを開ける時の楽しみだ。
その時は、きっとファムランにも意味がわかる」
「そう?」
「パパもこの5つの夢を叶えるために頑張るから、ファムランもね」
「うん!ぼく絶対、夢を叶えてみせるよ!」
「パパとファムランの約束だね」

そう言って、二人は小指を絡めて、指きりげんまんをした。


                                                                                                        * * * * * *
                                       

20年後ーーー
タイムカプセルは開かれた。
5つの夢を約束通り叶えて。
それは、ファムランから亡きシドへの最高のプレゼントになった。

「あんのクソ親父・・・」

バルフレアは、シドの夢が書かれた古びた紙を、そっと握りしめた。


『ファムランをドラクロアに入れる
ファムランをエトーリアにさせる
ファムランと一緒に飛空艇を作る
ファムランと一緒に作った飛空艇をファムランに操縦させる
ママみたいな人と結婚させて、ワシみたいなパパにさせる』

「馬ー鹿、全部叶ったじゃねぇか、ママみたいってわけじゃねえけどな」

バルフレアは隣にいるバッシュの横顔を見て、くすりと笑った。
そして、青い空を見上げて、心の中でシドに話かけた。

(おらよ!オレからのプレゼント5つ、ちゃんと受け取れよ!)
                                                                                                                  
 
 

                                                           2011/6/30
直線上に配置

BACK INDEX

        
                            FF12 5周年記念企画に大勢の皆様にご参加いただき、本当に本当にありがとうございました!
                                  この2ケ月の間、毎日企画部屋に日参しては、一人にまにましながら、至福のひとときをおくっていました。
                                  まさかのこの大盛況!8000打、100作品を超えるとは夢にも思ってませんでした。
                                  懐かしいマスター様、最近ハマったマスター様、まだプレイ中のマスター様!そして、何度も再投稿してくださるマスター様も!
                                  新旧豪華絢爛のFF12スキーのマスター様がご一同に集まって、ご参加くださいました。感謝感激です!!!
                                  そして、皆様に楽しんでいただいて、和やかな交流の場になったことが、何より嬉しいです!
                                  拙い主催で申し訳ない思いでいっぱいですが、このお祭り企画を開催して本当によかったと思いました。
                                  これを機会に、皆様のサイトにも遊びに伺わせていただきますので!
                                  今後ともお付き合いの程、どうぞ宜しくお願いいたします。
                                  では、ではお次は10周年記念企画でお会いしましょうね〜(←え 生きてる?
                                  いえいえ、9日の絵茶会でお会いしましょう!(*^^)v
                                  ありがとうございました!
                                  FF12 万歳ー!万歳ー!万歳ーー!!!
                                  ファーラム!!!