×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

LOVE NOTE   1
   

「はぁ・・・ 今日もキツかったな・・・」
 
 
三年が引退して新しい部長になってから、前よりも練習メニューが少しハードになったような気がする。
 
はたけカカシ、十六歳。
木ノ葉高校の一年生で、硬式テニス部所属。
 
カカシは今日も部活で遅くなり、校門前の真っ暗な道を一人で歩いていた。
部の皆は近くのファーストフードで軽く食事を取って帰るのだが、カカシは何となくあの雰囲気に馴染めなくて、いつも一人で先に帰ってしまう。
食べ盛りだと言うのに食は細い方で、お腹が空いて家まで我慢できないという程でもないし。
 
「どうせ、今日も父さんは帰って来ないだろうから・・・
簡単にうどんで済ませちゃおうっと」
 
冷蔵庫の中を思い出し、夕飯のメニューを考えながら歩いていた。
もうすぐ家に着くという時、少し前方の道の端で何かがキラリと光ったのが見えた。
その方向に歩いてみると・・・
 
「ん? 何か落ちてるな・・・ ノート・・・?」
 
足元にピンク色の可愛いノートが落ちていた。
思わず拾って手に取って見ると、ノートの表には、
  
 
「LOVE NOTE」
 
と、書かれていた。
 
 
「女の子のノートかな?」
 
カカシは辺りを見回したが、誰もいない。
名前が書いていないか、ひっくり返して裏を見たが何も書かれていない。
 
「悪いけどちょっと中を見させてもらうよ」
 
カカシはノートをパラパラと捲ったが何も書かれていなかった。
 
「どうしようっかな・・・ 交番に届けるか・・・」
 
しかし、一番最後のページを捲ったら、裏表紙のところに、何やらぎっしり細かい文字が書いてあった。
 
一番上を読んでみると・・・
 
  
「このノートに名前を書くとその人はノートの持ち主を必ず好きになる」
 
 
 

                                                                               2007/11/29

直線上に配置

BACK INDEX NEXT