×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

LOVE NOTE   完
   

太陽が真上に昇る頃まで、二人共ゆっくり休んだ。
カーテンから差し込む日差しが眩しく目に入り込んできてゲンマは目を覚ました。
すやすや寝息をたてて眠るカカシの寝顔を見て思わず笑みが零れる。
コーヒーの準備でもして来ようかと、カカシを起こさないよう、静かに布団から出たつもりだったのに、カカシは起きてしまったようだ。
 
「んん・・・ おはよ・・・」
 
枕元にあった時計を手に取り見たカカシはびっくりしたような声をあげた。
 
「うわ〜 もうお昼? オレだけこんなに寝ちゃったの?」  
「いいや、オレも今起きたばかりだよ
おはよう、カカシ」
 
ゲンマはカカシの頬にちゅっとおはようのキスをした。
 
「もう・・・ ゲンマったら」
 
カカシはぽっと赤くなり、口を尖らす。
 
ブランチと言うより完全にお昼ご飯になってしまった食事を取り、それから今日はどこへ行こうか、なんて話で盛り上がった。
 
「ふふっ・・・」 
「何笑ってるんだよ?」
 
(ゲンマにはファムのこと言わないでおこう。
 別にあのノートの力でこうなったわけじゃないんだしね)
 
「何かね、不思議だな〜って思ってた。
こうして話てても、昨日までとは全然違うよね・・・」
「そりゃぁ、まぁ、今までのようなただの友達じゃないからな」
「何だか別の世界に来たみたい。
魔法でもかけられた感じがするよ」
「魔法って?
それって、まだオレ達のことが信じられないってこと?」
「ゲンマ・・・ そういう意味じゃなくって・・・
ん・・  ふわふわして宙を浮いてる感じかな?
何だかとってもいい気分ってことだよ」
「いい気分ね〜 よっし、決めた!
今日は遊園地に行って、絶叫マシーンにでも乗
るか?」
「空を飛んでる気分になれるかな?
高いところ登りたいな〜」
「ん? 高いところ? カカシ・・・ 何か見たいのか?」 
「空の上の世界ってどうなってるのかなって思ってね」
「ふっ、何だよ、それ?」 
「オレ、友達がいるんだよ!」
「はぁっ?」
「ふふふ・・・」
 
ふと窓から空を見上げて、楽しそうにカカシは笑った。
ゲンマにはカカシが何を考えてるのかさっぱり分からなかったが、そんなカカシも可愛くってしょうがない。
 
「ゲンマがオレをいじめたら、助けに来てくれるっていう友達がいるんだからね!」
「オレがカカシをいじめる? 有り得ないな」 
「オレ、こう見えても結構神経質で我侭なんだよ?」
「なら逆だろ? カカシが我侭言って、オレを振り回していじめるってことじゃないかよ!」
「ハハハ〜 そうかもね〜」
「よ〜し、オレがどんなにカカシのこと思ってるか、これからたっぷり教えてあげるからな、覚悟しておけよ!」
「お手柔らかに」
 
ゲンマは人差し指でカカシのおでこをこつんと押した。
他愛無い会話がとても心地良くって、二人は顔を見合わせて笑った。
 
  

                                                                                 2008/1/24

直線上に配置

BACK INDEX

                             
                          す〜み〜ま〜せ〜ん・・・ 今回はですね・・・
                          ここまでにしておきます。
                                ゲンマはあれから、カカシを押し倒しましたが・・・
                                書いていて二人とも高校生ということに気付き、我慢してもらいました(笑)
                          もうちょっと大人になったらね〜
 
                          初のパラレルで、しかも他ジャンルパロという・・・
                          世界で自分一人だけが楽しいだろうと思って書いていましたが、
                          皆様にファムが可愛いとおっしゃっていただき飛び上がる程嬉しかったです!
                          ラブノと言ってる割には実は何にもしてなかったというオチで・・・
                                ファムの気まぐれにカカシが付き合わされてただけという・・・^^
                                って言うより、ただ単に二人の“エンジェル”が並んでいるところを私が見たかっただけという・・・
                          まったくもってそれだけのお話でした!
                                まっ、ゲンカカ二人は結ばれる運命だったということでお許しを!
 
                                ゲンカカは大好きなので、これからもこのお話は続けていきたいと思ってます!
                                初心な二人をどうか見守ってやってくださいませ!
                                最後までお付き合い下さりありがとうございました