×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

 禁 術  
   

もうすぐ、あの日がやってくる。
今年もまた、火影様に里外への出張任務をお願いしておこう。

花束を見るだけでも、泣けてくるあの日だけは、
里の中にいることはできないのだから・・・

もう、今年で十年目だというのに。
いつまで、こんなことを続けているのだろうか。
自分でも、情けないとは思うのだが。

こんな俺の我侭を聞いてくれるお方が、まだ、この里にはたくさん残っているのだ。
甘やかされているのは、
あの時、俺と先生が、命を懸けて、里のために戦ったからなのだろうか。

それとも・・・
先生が何か言葉を残してくれていたのだろうか・・・?

そんなことを考えてばかりいる自分に呆れて、ふっと笑いがこみ上げてくる。

馬鹿みたいだ。

只、俺が弱いだけなのに。


そして、今年も俺の馬鹿げた願いは叶い、里外へ密書を届ける任務が与えられた。
夜明け前に、里を出た。
何も考えずに、ひたすら前を向き、走ることだけに集中する。

空の端が、淡い紫色から、綺麗なピンク色に変わり、
やがて、鮮やかな青空になった。

あの日と同じ色だった。
眩しくて、思わず目を細めた。



岩隠れの里への密書を無事届け終え、任務は完了した。
帰りに少し遠回りをして、神無毘橋を通って、そこで祈りを捧げ、俺一人だけの慰霊祭は終えてきた。

まもなく日付が変わるという頃に、里に着いた。
報告は、忍鳥を飛ばせばいいことになっている。
部屋に戻り、シャワーを浴びて、ビールを飲もうと冷蔵庫を開けた。

一年で一番悲しい日が、もうすぐ終わる。

これ以上、もう何も考えたくない。
何も思い出したくない。
早く寝よう。

だけど・・・

たぶん・・・

そうはさせてくれないだろう・・・
あの人が。


コンコンと窓を叩く音。

ほらね。

そろそろ来る頃だと思った。

カーテンを開け、その顔を見たら、何だかほっとした。
窓を開けると、一升瓶を抱えて入ってきた。

ずかずかと上がって、
何も言わず、キッチンからコップを持ってくる。

あの人は、俺の隣に座って、一升瓶を開ける。
もちろん、先生が一番好きだったお酒。

「ぎりぎりだったな」

コップに並々注いだお酒を俺に渡してくれた。

「とりあえず・・・」

俺達は何も言わず、コップをコチンとぶつけあった。
二人とも一気に飲み干した。

毎年繰り返される、
二人だけの慰霊祭。

「もう、十年か・・・
早いなぁ・・・」

それ以上、何の言葉もいらなかった。
空になったコップにもう一度酒を注いでくれた。

ダメだ・・・

たぶん・・・

我慢出来なくなる・・・

何かしゃべってくれないと、
絶対に泣いてしまう。

あの人は、俺のことが何もかもわかっているようで、
俺の顔を覗き込んでは、頭をくしゃくしゃと撫でる。

その掌が暖かくて・・・
只、暖かくて・・・

「いいぜ、泣いても。
でも、今日だけな」

「うん」

と、頷いた瞬間に、もう涙が溢れてきた。

今日一日、我慢していたものが、
溢れて、溢れて、
止まらない。

俺はあの人の大きな胸に顔を埋めて、
泣いた。

声をあげて、
子どものように。

「鼻水、つけんなよ」

子どもをあやす様に、背中を擦ってくれる。

今日だけは、このまま、涙が枯れるまで、
泣いていたい。


「ねぇ、先生に変化してくれる?」

俺は、決して言ってはならない禁句を告げる。

「変化だけだぞ」

「うん」

「それ以上は、無理だからな」

「うん」

それは、毎年、繰り返される二人だけの秘密の儀式。

そう、この人も、俺の馬鹿げた我侭を聞いてくれる優しい人なのだ。


「変化の術!」

愛しい姿が目の前に現れた。

「せんせぇ・・・
あぁ、せんせいだ・・・」

俺は、先生の綺麗な髪に触れる。
さらりとした感覚は、昔のままだ。

そして、先生の胸に顔を埋める。
暖かい・・・
昔に戻ったような錯覚に陥る。

こうして、俺は、
一年に一度だけ、
再びあの暖かな、大きな腕に抱かれる。

一年にこの日だけの、禁術で。

懐かしいあの碧い瞳に吸い込まれていく。
強く抱きしめられて、
また、涙が溢れる。

「せんせぇ・・・
お願い・・・
キスして・・・」

「ダメだって言っただろう?」

「一度でいいから・・・
お・・・ね・・・が・・・い」

「ったく、いくつになっても、こんなに甘えん坊でどうするよ」

「ねぇ」

俺は我慢できずに、あの人に顔を近づけていく。

もう少しで、唇が触れる・・・


と、思った瞬間、
あの人は、変化を解いてしまった。

「だから、これ以上は、アイツではできねえんだよ」

そう言って、
元の姿に戻ってから、
俺の唇にそっと触れてくれた。

やっぱり、
どこまでも、優しい人だ。

「ありがとう」

また、涙が溢れてきた。

その涙を、
柔らなかな唇で拭ってくれた。
 
 

                                                                             2009/7/16

直線上に配置

INDEX