×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

鈴の音   完
   


「けけけけけけけけ っ  こ  ん  !!!!」
「結婚って、だって、オレ達は、その・・・」
「男同士だっていいじゃねえか。
オレは、紙っ切れ1枚出すの出さないってのには、何のこだわりもないからな」

サスケの言っていることが、全然理解できない。
頭が、全く回転しない。
思考が止まったまま、オレは只、ぼうっと、左手の薬指のプラチナのリングを見つめていた。

「オレのもあるんだぜ!」

サスケはそう言って、自慢げにズボンのポケットから、もう一つリングを取り出して、
オレの目の前で振って見せた。

「なぁ、あんたにはめてもらいたいんだけど」

えっと・・・
これをはめるって意味は・・・

そういう・・・
こと・・・
だよね・・・

身体中に流れている血の温度が、
どんどん上がっていくような気がした。
くらくらと眩暈がした。

深く息を吸って、
吐いて〜

「でも、ごめん、サスケ。
もう一度、その・・・結婚の意味を教えてください」
「世間一般の意味はよく知らないけどな、
オレ様の辞書には、『愛し合っている者同士が生涯その愛を真っ直ぐに貫くということ』
だな。
子どもは出来ないが、我慢してくれ。
ま、とりあえずは、『ひとつ屋根の下で暮らすこと』から始めようぜ」
サスケが、急に神妙な顔をして、オレの前に立ち、そして、オレの手を取り立ち上がらせた。

「うちはサスケは、はたけカカシを生涯パートナーとし、
幸せや喜びは共に分かち合い、
悲しみや苦しみは共に乗り越え、
永遠に愛する事を誓います」

自分の胸に掌を宛て、
オレの目を真っ直ぐに見つめて、
朗々と、
堂々と。
何の躊躇いもなく、
そう言った。

そして、サスケは、次はあんたもなと言うようにオレの手を握り、胸にそっと押し当ててくれた。
掌に鼓動が伝わる。
ドキドキしすぎて、心臓が痛いよ、サスケ。

ほんの一瞬のことなのに、
時が止まったような気がした。

「は・・・」

(うん、大丈夫。声は出るみたい)

「はたけ・・・カカシも・・・うちは・・・サスケを・・・
永遠に愛する事を誓います」

自分でも、何の迷いもなく、答えられたことにちょっと驚いたけど。
心の中で、いつか、こういう風に結ばれることを期待していたんだと思う。
もちろん、“結婚”なんていう形は想像はしていなかったけど。

「じゃあ、指輪の交換ってことで、頼むぜ」
「うん、サスケ」

オレは、サスケの手から、リングを受け取り、
サスケの左手の薬指にゆっくりとはめてあげた。

「サンキュ」

サスケに満面の笑みが零れた。
こんな嬉しそうな顔は、今まで見たことなかった。

「お次は、誓いのキスだ!
今日は、カカシの誕生日で、
オレ達の結婚記念日になったな」

「結婚記念日って何だか、恥ずかしいよ〜」
「それに、今晩は、初 夜 だ ぜ」
サスケが、耳元で甘く囁く。

「初っ!初っ!初っ夜ってえええ〜何それ?」
「たっぷり可愛がってやるぜ、いいだろ?」
「もう〜サ〜ス〜」

抗議の言葉はサスケの唇で塞がれてしまった。
幸せなキスがいっぱいいっぱい降ってきた。

それは、
とっても、
優しくて、
暖かくて。
嬉しくって。
幸せで。


悲しみも、
苦しみも、
サスケと二人なら、
何だって乗り越えていける。


もう、
一人じゃないんだね。


サスケの細くて長い指が、
オレの薬指のリングに触れた。


どこか遠くで、
ちりんちりんと、
鈴の音が、
聞こえたような・・・
気がした。


                                                                               2009/10/11

直線上に配置

BACK INDEX



                                 夏の映画のあの鈴のシーンを観た時に、きゃあ〜 もう、何この乙女なカカシは!!!
                                      って、皆さんも思いましたよね〜><
                                      絶対、先生を思い出している顔だよ!あれは!ってね!
                                      先生から貰った大事なものだから、あんなケースに入れて、抱きしめてるんだよ!
                                      カカシはさ〜!
                                      今年のカカ誕はこれで決まりだと、映画館の中で即決でした。
                                      なのに、書き始めたら、あれ?なんで、サスケが、カカシを起こして?
                                      自分でも驚きの展開でしたが(笑)
                                      ま、よく考えてみれば、サスカカって書いたことないので、
                                      書いてみようかなあと思い。
                                      結末は、なんで、いきなり結婚かよ!という、ありえないお話になってしまいましたが、
                                      最初で最後かもしれないので、悔いなく好き放題に書きました!
                                      どうか、笑ってやってくださいませ〜!
                                      連載中、たくさんの拍手をいただきまして、大変励みになりました!
                                      本当に、ありがとうございました!