×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

432話   螺旋手裏剣再び!!

   

※注意:あっきぃは、ペインファンでもありますので、ペイン贔屓・自来ペ的表現があります。
     不快な思いをされるかもしれませんので、ご注意ください。
     大丈夫な方、お心の広い方のみお読みくださいね。
 

「そうかお前は仙人を・・・
自来也先生と同じ術を
身につけたようだな・・・」

「自来也…先生だと?」

「オレも自来也から術を学んだ
自来也はオレのかつての師だ
お前にとってオレは兄弟子・・・
同じ師を仰いだ者同士
理解しあえるハズだが・・・
師は平和を望んでいた」


「ふざけるな!!!」

偉大な師を、そして、里をこんな風にした憎き仇から、突然「兄弟子」と言われたナルトがどんな思いだったのかと思うと、胸が痛みます。
ナルトにはまだ、「兄弟子」の意味は、この一瞬では意味が理解出来なかったのではないかとも思いますが・・・
それでも、里の破壊=平和ではないことは、わかりますよね。
そして、とにかく今は螺旋手裏剣を投げることに集中して。

あと、一つ気になるのは、自来也が、あの雨隠れの3人に、仙術まで、見せていたってことがちょっと納得出来ないです。
仙術って、最終奥義じゃないですか?
とっておきの技ですよね。
そんな簡単に子どもたちに見せていいものなんだろうか?
自来也ファンにとっては、お人好しの自来也も大好きですが、
忍としは、どうなんでしょう・・・
自立していけるようにと、基本的な忍術を教えていたのだから、仙術までは見せる必要はないと思うし。
「先生は蛙に変身すると強くなるんだぞ〜」
なんて、子どもたちを笑わせていたとか・・・(←有り得ない)
それとも、すでに、長門を予言の子として、妙木山に連れて行ったとか?
でも天道は、
「妙木山・・・確かガマの隠れ里だったか・・・」
って言ってたのだから、行ったことがあるって感じではなかったしね。

(しかし、自来ペ的腐った目で見ますとね・・・
 冒頭の天道が、「自来也はオレのかつての師だ」って言うところが
 好きなんですよ!
 なんか嬉しそうに、誇らしげに言ってるような気がしてさ。
 これがまた、色々妄想出来て、面白いのです・・・むふふ)


「なんちゅうチャクラじゃ…
父ちゃんが教えたんか?」

フカサク&シマもびっくり!
ナルトはフカサクにも内緒で修行してましたからね。

影分身が消え、
角都戦では投げられなかった螺旋手裏剣を投げた!

「あれだけの高回転・高密度のチャクラを
飛ばせるとは!」

そして、それがさらに拡大!

天道と地獄道はザザッと避けられましたが、
畜生道を助けた人間道の身体は螺旋手裏剣で真っ二つに・・・
いや、ここのシーンは・・・
正直・・・とっても残酷でしたね・・・
女の子を庇ってというのが・・・
敵ながらちょっと辛い・・・(どっちの味方じゃ!)


ここで、奈良親子シーン!
分身カツユがナルトが仙術を身につけて帰ってきたと。
手を出さないようにと、ナルトの伝言も伝えます。

きゃぁぁぁぁぁぁ〜><
シカクのアップ!

かっけぇぇぇぇぇぇ〜!!!

「仙術を身につけたという事はもうレベルが違う
足手まといにならない事が
今あいつにしてやれるチームワークだ
ここは我慢しろシカマル」

何てきりりとしたお顔!!!
ほえぇぇぇぇ〜><
たまらん!
シカクに痺れました〜!


畜生道がまた口寄せを出す。
その間に天道ペインは、ナルトをしっかり観察しているようで、
仙術チャクラを使いきったのではと見極めている

もちろん、ナルトも残り時間に気が付いているわけで。
えっと、たしか仙人モードって5分でしたっけ?
その間に、畜生道だけでも片付けておこうと。

そして、フカサクもシマとペインの繋がりを分断させる新しい作戦を!

ここは、最初読んだ時は分からなくて、もう一度読み直して分かったところなのですが。

フカサクがブン太をナルトに向かってなげる。
シマ姐さんの風遁砂埃!
天道と地獄道の視界を遮る。
暗闇の中の畜生道。
ペインも「どこだ?」と畜生道を探す。
ナルトが畜生道に「螺旋連丸!!」と、両手で二つの螺旋丸を当てる!

「口の中!!」

口寄せ動物が消える。
ブン太の口の中から出されるナルトと畜生道。
畜生道はもう動けない・・・


これで残るは、天道と地獄道の2人だけ。
しかし、ナルトの仙人モードもここでおしまいのようです。


天道のインターバルは終わったのか?
もう、術が出せるのか?
その間に、地獄道がまた、やられた奴らをがぶがぶと再生してしまうのか?
地獄道を最初にやっておけば、よかったと思うけど、
そこまでの情報は伝わらなかったんだよな。

う〜ん・・・
なんか、やっぱりこのままでは決着はつかないような気がしますね。
その前に、サスケが着きそうだし!
ペインがまた、神羅天征をやろうするのだけど、小南が阻止するとか?
なんかね、もうこの辺でいいよ!
ってな気分です・・・

普通に考えれば、自来也を里をあんなにしたペインをナルトにやっつけてもらわねば困るのですが
ペイン好きなあっきぃにとっては、色々複雑な心境です。
最後まで生きて、真の平和の意味を分かってもらいたいし!
有り得ないだろうけど、ナルトの良い兄弟子になってもらいたいよ!
(不謹慎ですみません)


                                                           2009/1/31

直線上に配置

BACK INDEX NEXT