×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

442話   最後の賭け!!


   

WJの表紙のカカシの笑顔が眩しくて泣きそうになりました・・・
これって、このペイン戦の後だよね!?
元気になったカカシだよね?
ん!そう思うことにした!
大丈〜夫!キッシーを信じる!

カラーの扉絵は7班と雨隠れの昔と今!
よかったですよね〜!
長門はちと痛々しいけど。
でも、「少年」っていうのはね、ちょっとね。
サクラと小南もいるんだからね〜
「少年少女」だよ。

それにしても、ヒナタの巨乳には驚いた。
絶対、Eカップですね。
サクラは、ペイン六道の容赦ない攻撃を見てきただけに、
ヒナタがナルトのためにどんだけ無茶したのか、分かるんだろうな・・・

シマ姐さんに抱かれるフカサク・・・
やっぱ・・・ダメなんスかね・・・

増援に向うというガイ達をカツユが、ナルトの邪魔になるからと制止。
ナルトには考えがあるから、信じようと。

ナルトvsペイン戦!
インターバル中の5秒!
螺旋手裏剣がペインにまっすぐ向って・・・
なんかさ、これを言っちゃあおしまいなんだけど、
この螺旋手裏剣って、絵で見てると、ひょいと横に2〜3歩飛べば避けられんじゃね?
と、どうしても、思ってしまうのですが(笑)
攻撃範囲が横に平行っていうか、範囲攻撃でもないし、追尾性もないんですよね・・・
って、思ってたら、やっぱり・・・
近くの瓦礫に変化していた二人のナルトがぱっと現れて、両方から、確実にあてようと天道を押さえ込もうとする。
天道は、腕のピアスを伸ばして、黒刀にして、ナルトをぶすりと刺して、
それを軸に飛び上がり、螺旋手裏剣をさっと避ける。
螺旋手裏剣は後ろの大岩をスパンとまっ二つに。

次の術 発動まで
4秒・・・
3秒・・・

螺旋手裏剣を2発外したから、
もう、仙人モードは終わりだと。

しかし、ここで!
天道の周りの瓦礫が全部変化したナルト!
仙人モードが終わっても、影分身千人モードがあるってばよ!
天道もびっくり!

発動まであと
2秒・・・
1秒・・・
0秒・・・

神羅天征発動!

弾き飛ばされる千人ナルト!
でも、さらに、奥からも、ドドドドってナルトがいっぱい出てきて!
なんか、すごいよ!ナルトVS天道!
迫力満点!


「答を持たぬお前如きが・・・!
・・・・・・諦めろ!!」

きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ〜><

ここで、いきなり、自来也と
四カカご登場ですよ〜><


「ワシは信じとる!!」
「オレはお前を信じてる」
「オレはそう信じているからだ」

もう・・・
ダメ・・・
四とカカシが並んでいるだけで、
うるうるきました・・・

色がグレーでも何でもいい・・・

本体ナルトを後ろから影分身ナルトを支えて・・・

「耐えた・・・だと・・・?」

天道にはあの神羅天征を耐えたということが信じられない。
ナルトには、
師の声、父の声、
そして、カカシの声が、聞こえたんでしょうね。
自分を信じるという声が。
だから、自分の力を信じることが出来たんだとう思うよ。
ナルトは本当に強くなったよ。

そして、ナルトの最終奥義!
螺旋丸!

天道は、螺旋丸が飛ばせないことを知っていて。

「5秒・・・
この距離ならいける」

本体ナルトにもう一度、神羅天征をあてようと・・・

「オレが諦めるのを―
諦めろ!!!!」

螺旋丸!!!

影分身にびゅ〜んと飛ばされて、
本体ナルトの渾身の一発が天道に炸裂!!!

いやぁ、正直言って、最初はえ?今更螺旋丸って思ってね。
本当に何度も何度も読みましたよ。
それまで、すごい迫力っていうか、
本当にナルト!?っていう程の、天道もびっくりするような攻撃の連続でさ。
仙術とか、風遁螺旋手裏剣とか、九尾にまでなっちゃったりで。
(まぁ、それは、作戦でもなんでもなかったのだけど)
なんか、さらに、もっとすごいものが出てくるような、そんな期待もあったりで。
っていうか、天道スキーには、今までに見たこともないようなすっげ〜術でやっつけて欲しかったというか。
この辺が、ちと複雑な乙女心なんですがね(笑)
最強の敵、天道だからこそ、最強の術、何これ!?何て術!?
みたいなね。そんなんで、やって欲しかったの。
でも、シンプルに螺旋丸・・・
螺旋丸って、そりゃぁ、四が考えた術なんだから、すごいんですけど!
え・・・
と、思ってしまったのですよね・・・
でもね、よ〜くよ〜く、考えたらさ、
ナルトは、四に会って、父親ってわかって、そりゃ、天と地がひっくり返るほどびっくして、
そんで、言葉には尽くせないほど、嬉しかったわけで。
さらに、お前を信じているとまで言われてさ。

そう思うと、
今まで以上にこの螺旋丸って術が愛おしくなったんじゃないかな。
「父ちゃん、見ててよ!!父ちゃんの螺旋丸で決めるからな」
ってね。

師の自来也から、父の開発した術、螺旋丸を伝授され、
そして、カカシによって、強化されて。
3人の思いが、いっぱい、いっぱい、詰まっているんだよね。
だからこそ、螺旋丸で勝負したかったんでしょうね!

そして、これこそが、
この闘い方こそが、
長門に対する答だったんじゃないかなとも思います。
ナルトらしく、言葉ではなく、身をもって答えたんだと。

「諦めないド根性」

真の平和って、
諦めないこと。

この世の悪が無くならないことを嘆くのではなく、
無くなる日がくることを諦めないこと。
信じること。
それが、ナルトの答になるのかな〜!?
まだ、ナルトにははっきりと確信はできていないかもですが・・・

只、仙術を表に出し、それメインで戦うように見せて、
仙術が終わったら、もうダメだろう〜
なんて、天道を油断させて、
最後は、しっかり螺旋丸で・・・
という風に最初から、ナルトが考えていたとしたら、
それはそれで、ナルトもちっとは賢くなったということだし。
ナルトの賭けは、うまくいったってことなのかな。


次号は、いよいよ長門本体と会うのかな?
もう、闘うレベルではなさそうだ。
でもって、天道ペイン、
ていうか、弥彦ペインは生きていて欲しい!!!
ナルトは、トドメをささないと思う。


                                                           2009/4/11

直線上に配置

BACK INDEX NEXT