×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

443話   対面!!


   

螺旋丸をまともに食らって、吹き飛ばされる天道。
もの凄い距離ですよ!

「・・・最後にペインが潰された」

倒れたペインの身体から、ピアスを抜き取るナルト。

きやぁぁぁぁぁぁぁぁ〜ん><

大丈夫だよね・・・?
トドメは刺していないよね?
潰されただけで、死んではいない・・・よね?

正義とは・・・?
痛みとは・・・?

天道のピアスを抜きながら、
天道の言葉を思い出しているナルト。
この時の表情がなんともいえませんよね・・・

そして、今度はそのピアスを自分の掌にグリッと刺します!

長門本体の居場所はもうすでに分かっているのですが、
さらに、このピアスからチャクラを受信しようとしているのか?

「!」

自来也。
カカシ。
ヒナタ。
木ノ葉の里。

これって、
もしかして、ピアスを刺すと、
天道が見ていたものが見えるようになるってことなんですか?
えっと、たしか、視野の共有とか。
あ、あれは、輪廻眼か。
なんだか、よくわかりませんが、天道が持っていたなんらかの情報を得たようですね!

そして、
「一人で行く・・・!」
と、決断するナルト。

サクラの医療忍術で、ヒナタ復活!
よかった〜!

って、ことは、
カカシも大丈夫だよね!?
ね!!

そして、
シカク&いのいち&日向一族の本体探索班がナルトに追いつく!

きゃぁぁぁ〜ん、久々にシカクのご登場ですよん!

ペインの本体にのところに一人で行き、確かめたいことがあると言うナルト。

いのいちは、何勝手なこと言ってるんだと激怒しますが、
シカクは、一人で行かせてやろうと。

ここで、シカマルの言葉を思い出したんですね、シカクは。

「どこ行ってたって?
・・・ナルトに説教して来たんだよ・・・
落ちこんでんじゃねーってよ
めんどくせーのに
足が動いちまった
・・・あいつは皆にない
何かを持ってる・・・
あいつはこの里にとって
大切な忍になる・・・
ナルトといると・・・
オレはあいつと一緒に
歩いて行きてえ・・・
そう思わされんだ」

我が子の言葉を信じ、ナルトに託すシカク!!!
かっけー親父だよ!
痺れますね〜!
できないよ、普通。
この状態では、いのいちの言ってることの方が、ある意味まともな考えですからね。
シカクも、このナルトの「不思議な力」を感じたことがあったんでしょうね。


折り紙の木をバリリと分けて入り、
ついに、本体長門とのご対面です!

ナルトは、仙人モードに入ってますね!
闘うつもりはないと思いますが、
仙人モードの方が、直接攻撃以外にも、
情報を得るとか、色々使えるんでしょうね。

前々から、言ってますが、
ナルトは、
長門に頭を下げると思います。

「木ノ葉のこと、許してくれ。
オレが謝っても、おまえの父ちゃんも、母ちゃんも、友達も、
戻ってこないかもしれないけど。
でも、今のオレにできることは、こうして、頭を下げることだけだ。
オレは、火影になる。火影になって、皆が理解し合える平和な世を作るってばよ!
この過ちを二度と繰り返さないと、オレが約束するから。
な、おまえも元気になって、一緒にやろうぜ。
オレ達、えろ仙人の兄弟弟子だろ?」

と、言ってほしいですね!

ナルトの不思議な力に託したい!





                                                           2009/4/16

直線上に配置

BACK INDEX NEXT