×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

529話 〜 532話


   

529:金色の絆


久々にナルトが出てきましたね。
やっぱ、金角銀角の九尾のチャクラに反応したんですかね。

九尾に食われて、
腹の中で、九尾の肉食って、
ケツから出て来たら、
九尾化出来るようになってた、
六道仙人の血縁金角銀角ってーーー???
もうなんだかねぇ。


マブイの「天送の術」

「物を光の速さで送る物質瞬送だ」

光の速さって、測れたんかいってツッコミはしませんが。
これって、まさに、秘密の隠れ家で書いた、
四の術のイメージですよね。
四も絶対に使えたと思うな。

そして、琥珀の何ちゃらって、宝器をこの術で送って、
この中に金角銀角を封印しちゃえって作戦。

どうやって?

ここで、シカクキターーーーー!!!

猪鹿蝶絆の力大作戦!!!

「猪鹿蝶の連係は
忍術の中でも
一・二を争う伝説だ!
自信を持て!」

いのいちの術で、
シカマル&チョウジ&いのに話しかけるシカク!

もう、凄い伝説だよ!
うん!
笑ってはいないって!
大好きなんだもん!
猪鹿蝶連係!
パパ忍&子忍の親子連係は、まさに伝説です!

たぶん、伝説のバケモノを相手にする、
子ども達に、自信をもたせようとのシカクのお言葉だったと思うんですが。
いやぁ、いいよ!シカク!
なんかね、猪鹿蝶+四で、
いろんな伝説を作ってきたんだろうなぁと、
思いますよねー!
確かに、最強タッグだよ。
そうか、シカク、マジで言ってるのか!

肉弾戦車→影真似の術→心転身の術

お見事!金閣銀角封印成功!!

でも、来週は・・・
うわ〜ん><
ついに、アスマVSシカマル御対面か・・・・


                                     2011/3/3

  *  *  *  *  *  *  *


530;チョウジの決意

見事、金角銀角を封印!
猪鹿蝶パパ忍達の、
我が子を思う誇らしげな言葉がいいですよね〜!

絶対この人達は親馬鹿ちゃんちゃかりんだと思うわ!
飲みながら、我が子自慢とかー!?
特にいのいち!

そして、角都登場!!
ここで重大発言ですよ!

「あいつがここに居ないのは
まだ死んでいないという事か?」


うきゃああああああああああああ!!!
そうだよね!!!
信じていいんだよんね?
キッシー!!!

ずっと、信じてたけど!
この穢土転生戦始めってから、
そうだと確信していたけど!
こうやって、改めて、文字にしてくれると、
ホンット!嬉しいです!!!

しかし、喜んだのも一瞬、角都が出してきた手ゴマは・・・

ダンとアスマ!

うわあああああああ〜ん><
やはりな展開に!

イズモ&コテツも応援に駆けつけてきて!
シカクは、アスマを、シカマル達にやらせると告げる。
誰よりもアスマを知っている、第十班に!
戸惑うチョウジに
「オレは行くぞ」
と、怒りに燃えたシカマルの顔が凛々しいこと!
かっけぇぇぇぇぇぇぇぇ〜><

シカマルはさ、師を弄ぶカブトを絶対に許さないよね!
必ず、自分の手でと思っている。
アスマの最期のシーンでは、うるうるでした・・・

いのもチョウジも腹を決めて、
いざ、アスマの元へ!

ってことろで、今度は、君麻呂、チヨ婆様、ハンゾウ穢土転生部隊vsカンクロウ部隊へと。

そして、いきなりミフネも出て来たよ!

来週は、こっちの闘いが先かな?

                                            2011/3/8

*  *  *  *  *  *  *


531:再会!アスマ班

東北大震災直後の為、WJ感想はおやすみです。
人気投票の結果は、
3位カカシ!
四は7位でしたねー!

                                    2011/3/15


*  *  *  *  *  *  *


532:ミフネVS半蔵、決着!!


この半蔵って人は、
悪い人だったイメージしかないんですけどー!
弥彦を騙した人だよね?
いきなり、英雄と言われてもな・・・

そして、第十班VSアスマは切なすぎる・・・(T_T)

アスマのことをわかりきっているシカマルも、
やっぱりできないチョウジも。
よけろっていうアスマも。

アスマも必死にカブトの命令に反して、
シカマル達を守ろうとしているんだよね・・・

はうううううう・・・・
次号はもっと切ない・・・・

                                   2011/3/20

                                                           

直線上に配置

BACK INDEX NEXT