×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

533話 〜 536話


   

533:誓いの時


まだ腹の決まらないチョウジにアスマのあの禁断の言葉が!!

「いいかげんにしろ!デブ!!」

その言葉にキレて、アスマに向かうチョウジ。
でも、やはり拳はアスマの直前で止まって。

心転身でいのがチョウジに中に入って、説得。

「ピアスの意味忘れた訳じゃないでしょ!」

ここから、ピアス回想シーン。

「耳飾りのしきたり」

秘伝忍術を扱う秋道・奈良・山中の三つの一族は、
猿飛一速からピアスを託されたそうです。
子どもが下忍になった時、そのリングピアスを子どもに渡して、
中忍になった時に、親に返す。

チョウザパパも援護に入って、
「甘えるな!」とチョウジを一喝。

父との誓いの儀式を思い出して、
やっと、ふっきれたチョウジ!

薬なしでチャクラの羽を出して、変身!
もう迷わない!

もうね、とにかく、チョウジとアスマの顔見るだけで涙、涙でした。

アスマの思い、
シカマルの思い、
いのの思い、
チョウザの思い、
そして、チョウジの思いが、
みんなひとつになって。

大いなる悪へと立ち向かえー!!


しかし、ここで一つ気になることが。
シカクって、今まで、ずっとあのリングピアスしてたと思うんですが。
1部の時もね。
一応、コミックスでも確認してみましたが、
やはり、リングピアス。
子どもが下忍になって渡すというのは、
自分が今している猿飛一族からもらったリングピアスを渡すってことで、
自分は、また他のピアスをするってことなのかな?
見た目の形は一緒だけど、中身は違うよー
ってこと?
ま、あまり突っ込まないでおこうか。

                                 2011/4/5


 *  *  *  *  *  *  *


534;さらば猪鹿蝶!!


私は、やっぱり、ぽっちゃり系の
チョウジが好きです!

そして、アスマの嬉しそうなね、
誇らしげな顔が辛いです。

最後は、影真似手裏剣の術、
アスマの形見のチャクラ刀で片をつけるシカマル!

あの時言えなかった一言を付け加えさせてくれというアスマ!

「お前らには、もう何も言う事がない
まさに完璧な猪鹿蝶だった!」

「完璧な猪鹿蝶」
これ以上の褒め言葉はないと思う。
これで、3人で、師匠に恩を返せたんじゃないかな。


あのピアスのしきたりからいうと、
たぶん、三代目も一時期、
猪鹿蝶親忍達の担当をしてた時期があった訳で、
アスマにしてみれば、
「俺は親父以上の猪鹿蝶に育て上げたぜ」、
的な思いがあったんじゃなのかなぁ。
弟子の成長、
弟子を自分以上の忍に育て上げることこそ、
師にとっては、最大の喜びですもんね!

アスマVS猪鹿蝶
いいお話でしたー!!!
泣けたー!!!


最後は、異変に気付いたナルトの前に・・・
Iティーチャーが・・・・

何でここに?

                         2011/4/11


 *  *  *  *  *  *  *


535:イルカの説得


今週のWJ!
表紙のカカシーーーーーー!!!

あの「たいへんよくできました」のハンコー!!!
カカシ先生が、押してあげったってことは、
カカシが作ったのーーーー???
7班時代に???
可愛いよ!カカシ!!!
そして、押して欲しいです!!!
4のガシャポンも欲しいです!!!

感想は、何だかななぁ・・・
なんで、ひとことだけですね・・・

シノのパパかと思ったら違ったのね。
ゲンさん。

そして、綱手様は、人選を間違えてます。
Iティチャーには、この任務無理でしょ。

マダラの想定外の行動が気になりますね〜


                         2011/4/19


*  *  *  *  *  *  *


536:ナルト戦場へ・・・!!


ビーは見ていた!
ナルトの心の中を。

でも、一番大きなものはサスケなんでしょうけどね。

全然言うこと聞かないビーが好きです。

八+九で、36重の結界も楽々突破!

結界班のおっさん班長の言い訳がかわいいよ〜!

八+九尾が出て来たと報告を受けたマダラがついに動く!
代用品って誰だ?
あの金角銀角のこと?
九尾の代用品にしてたってことなのか。

そして、角都は・・・?
もう、ぺっちゃんこ?
まだまだこれからだと言ってるところが角都らしい!

外道魔象と共にマダラ参戦!


                          2011/4/26

                                                           

直線上に配置

BACK INDEX NEXT