×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

師弟の絆   2


部屋に戻った木の葉の長は、弟を呼び、早速人選に入った。

「大変なことになったよ。でも、こうなったら闘うしかない。
 木ノ葉の力を見せてやるさ!」
「いつかはこうなる運命だったんだ。決着をつける時が来たということかもな」

「まず、くの一戦は、秋道一族に出てもらうしかないな。
 倍化の術とあの怪力があれば大丈夫だろう」
と、長が言うと、弟は頷いて、

「うん、問題は、2戦目だよ。
 何せ、あの写輪眼と闘うんだかからな」
「やはり、日向しかいないか・・・」
「そうだな、うちはと言えど、元はあの日向から独立した一族だ。
 写輪眼に勝てる可能性が少しでも多いのは、やはり、白眼しかないだろう・・・」

「最後に、もしも、俺に万が一のことがあった時は・・・」

「やめろよ!兄さん!そんなこと言うなよ!」

「いや、最悪の結果も考えておくべきだ。
 オレの後は、おまえが継いでくれ。
 たとえ、うちはが里の長になったとしても、木の葉一族も、今まで通り任務は変わりなく受け、同じ里で
 暮らしていかなくてはならない。
 実は、親父から遺言として聞かされていたこなんだが・・・
 うちはには気をつけろということだ。
 奴等は、何か大きなことを企んでいるらしいのだ。
 まぁ、たぶんアレを操って何かしようと思っているんだろうけどな。
 日向から、独立する時も、意味ありげに、『うちはの道を貫く』とか何とか、言っていたらしい」

長は、棚の鍵を一つ開けて、引き出しの奥から桐の箱を取り出した。

「これが、親父の遺言だ」

巻物をするりと開いた。

『うちはから目を離すな。
 うちはが悪へと動きし時は
 木の葉の手で その息の根を止めよ』
「いったい、何をやるつもりなのか・・・」
「何年経っても、情報は中々入ってこない」
「里が一つになったら、その『道』とやらにもう少しは近づけるかもな。
 まっ、とにかく、万が一の時、後は頼む」
「兄さんには、あの木遁術があるさ!心配はしてないよ!」


直線上に配置

BACK INDEX NEXT