×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

カカシの微笑み   6

   

10時を少し過ぎた頃、四代目が物凄い勢いでリビングに飛び込んで来た。
 
「カカシィ〜 終わったよ! 仕度出来た〜?」
「先生、お疲れ様。 準備はバッチリ! 
いつでも飛んで行けるよ」
 
四代目は、お正月に自来也の別荘に行った時に、誕生日にもまた来るつもりで、
こっそり術式の札を貼っておいたから、一っ飛びで行ける。
 
「うわぁ、結構荷物あるね?」
「全部食材だよ、先生」
「ってことは、豪華なカカシスペシャルフルコースかな〜 ニシシ〜」
 
カカシはスポンジケーキが入った箱だけは、自分でしっかりと抱いて行く。
 
「カカシ、じゃぁ掴まって」
  
「飛雷神の術!」
 
別荘に着いた四代目は、掃除しなくっちゃと言って、部屋を回りだしたが、
 
「きれいだな、 もしかして・・・」
 
さすが、自来也、どうやら掃除を済ませてくれていたらしい。
お布団もふかふかに干されている。
 
「自来也、ありがとう」
 
四代目は自来也の心配りに感謝した。
キッチンに入ったカカシは持ってきた食材を冷蔵庫に入れた。
何もすることが無くなった四代目は、 
「じゃぁ、先に風呂入ってくるよ」
と、言って、風呂場に向かった。
露天風呂まで付いている結構豪華なお風呂なのだ。
カカシは、夜食は執務室で食べてきたから、簡単なつまみを2〜3品手早く作った。
そして、お風呂からあがった四代目に、ビールを注いで、つまみを出した。
 
「先生、テレビでも見て少しのんびりしててよ。
これからケーキ仕上げるからさ、
オレがいいって言うまで、絶対こっち来ちゃダメだよ!」
「はいはい、絶対覗かないから〜」
 
カカシはキッチンの扉をぴしゃりと閉めた。
 
生クリームを手早く泡立て、いちごをスライスする。
スポンジを三等分に切り、生クリームをたっぷり縫っていちごを敷詰める。
周りをデコレーションして、上には、大きな「赤いほっぺ」のいちごを並べた。
真ん中にチョコレートのペンで、
<HAPPY BIRTHDAY TO YOU!>
と文字を書き入れ完成だ。
 
「これでよしと、上手に出来たな」
 
カカシは、ゲンマ達と行ったお店で買ったハート柄の箱にそっとケーキを入れて、カードが入った封筒を上に置き、慎重にラッピングをしてリボンをかけた。
扉をそっと開けてリビングを覗くと、先生はソファーに座ってテレビを見ている。
 
(オレも今のうちにシャワー浴びちゃおうっと。
 先生、もうちょっと待っててね)
 
四代目は、テレビを見ながら、うとうととうたた寝をしていた。
夕方から、影分身を使って大急ぎで仕事をこなしたので、疲れた身体に、カカシに注がれたビールが美味しくてついつい気持ちよくなってしまったようだ。
 
さっと、シャワーを浴びてあがったカカシは、脱衣所でバスタオルを腰に巻いたまま、手にはエプロンを握り締めて、目を瞑って、ふうっと大きく息を吐いた。
 
 
(先生が喜んでくれるなら・・・
 先生の笑顔が見れるなら・・・
 先生のためなら・・・)
 
 
一瞬、ゲンマとアスマの顔が思い浮かんだ。
カカシはぱっと目を開いた。
 
(うん、先生のためなら、何だって出来る! オレ 頑張るよ!)
 
カカシはようやく腹が決まった。
 
バスタオルをぱらっと解いて、エプロンを広げた。
腕を通し、後ろで紐を結ぼうとするが、手が震えて上手く結べない。
やっとのことで、どうにか結んで、ゲンマが言ってた赤いリボンを取り出して来た。
 
「どこにしよっかな・・・?」
鏡を見ながら、あっちこっちと着けてみる。
「頭じゃ変だな・・・ やっぱ腕かな・・・」
迷いに迷って、結局スカーフの様に首に巻いて、左にちょっとずらして、斜めに結んだ。
 
「こんなもんかな・・・」
 
鏡に映った自分を見て、思わずぽっと赤くなる。
背中がすうすうとする。
そして、足元がぐらぐらと震えてきた。
 
「あぁぁ、どうしよう・・・ ドキドキしてきた・・・
こんなんじゃ、ケーキ落としそうだ」
 
キッチンに戻ったカカシは、大きく深呼吸して、身体の震えを落ち着かせ、テーブルに置いてあったケーキの箱を手に取って、リビングの扉をそっと開けた。
 
「先生・・・」
 
小さな声で呼んでみたが、四代目は振り返らない。
 
?????
 
「先生・・・ もしかして、寝ちゃったの?」
 
 カカシは、一歩づつ、ゆっくりとリビングに入って行き、四代目の後ろに立った。
  
「先生・・・」
  
「ふ・・う・・ん・・ あれ・・ オレ寝ちゃったのかな・・・?」
 
四代目は、目をごしごしと擦って、伸びをした。
 
「カカシィ〜 ゴメン」
  
そう言って、四代目が振り返ると・・・
  

                                                                              2007/2/20

直線上に配置

BACK INDEX NEXT