×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

LOVE NOTE   7
   

それから、数日は、ゲンマも何事もなかったように接してくれた。
あれ以来、迫られるようなこともなかった。
ファムは相変わらず煩くって、我侭ばかり言っているけど、学校にいる間は静かにしてくれるように頼んだから、とりあえず勉強には集中出来るようになった。
それに、意外と物知りで、カカシが苦手な物理なんかで躓いていると、
「それはこの公式に当てはめろ」なんて教えてくれたりする。
 
あれから、ゲンマのことはあんまり考えないようにしてた。
ファムも何も聞かなかったし、特にどうしろと言うこともなかった。
でも、さすがにいつまでもこのままで良いとも思えない。
学校から帰り、ベットにごろりと寝転んで、天井を見上げながら、カカシはちゃんと
ゲンマのことを考えてみようと思った。
 
小さい頃から、ゲンマのことはお兄さんの様に慕っていた。
遊びも勉強もいろんなことを教えてくれた。
ずっと一緒にいたかったから、同じ中学も受けたし。
部活だって、ゲンマと同じ部を選んだ。
困ったことがあれば、いつもゲンマが護ってくれた。
優しくって、カッコよくって、憧れの存在だった。
でも、急に「好き」って言われても・・・
 
そういえば、今までゲンマから好きな子がいるとか、彼女が出来たなんて話は聞いたことなかったっけ・・・
野郎ばっかのムサイ男子高にいて、普通、年頃の男子の話といえば、女の子のことばかりなのに。
まぁ、出会いというものなんてなかったから、オレも好きな子なんて出来なかったし、それに彼女が欲しいとも思わなかったし。
これっておかしなことなのかな・・・
 
でも、どうだろ・・・
もしも、今ゲンマに彼女が出来たら・・・
 
オレは一瞬、女の子と歩くゲンマを頭に思い浮かべた。
 
それは・・・
 
イヤだ・・・
 
とっても・・・
 
イヤだ・・・
 
ゲンマに彼女が出来るのは
絶対にイヤだ!!!
想像しただけで、心臓がざわざわしてきた。
 
ずっとオレの側にいて欲しい!!!
 
何だろう・・・?
この気持ち・・・
 
毎日当たり前のように一緒にいたから、分からなかったけど・・・
 
もしかして・・・
もしかすると・・・
 
これって・・・
これが人を好きってことなの・・・?
 
オレが・・・
ゲンマを・・・???
 
でも・・・
やっぱり・・・
こんな風に思うのは、
ファムの変なノートのせいなの・・・?
  
カカシはくすりと笑った。
 
そして、大きく首を横に振った。
 
ううん!
そうだよ!
ファムの力なんかじゃない!
 
オレが・・・
オレ自身が決めたことだ!
 
カカシは晴れ晴れとした表情で頷いた。
うん! 明日、ゲンマにちゃんと自分の気持ちを伝えよう。
 
 
翌朝、いつもの時間に、いつものように、ピンポ〜ンとチャイムが鳴ってゲンマが迎えに来た。
オレはネクタイをきりりと締め、「よしっ!」と、ホッペを叩いて、ドアを開けた。
 
「おはよ〜 カカシ!」
「おはよ、ゲンマ。
ねぇ、今日、夜ご飯食べに来てよ。
明日、休みだから、その・・・ ゆっくり出来るし・・・」
 
ゲンマもカカシが何か言いたげなのは分かった。
もしかしたら、返事が聞けるのかなとの期待も少しあった。
 
「じゅあ、何か映画のDVDでも借りて帰ろうな。
よ〜し、何がいいかな〜?」
 
ゲンマとカカシはにっこり笑って歩き始めた。
 

                                                                                 2008/1/16

直線上に配置

BACK INDEX NEXT