×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

木ノ葉隠れの里・バレンタインデー頂上決戦!   完
   


それから、ゲンマとカカシは皆に気づかれないように、そっと店を出た。
外は凍えるような寒さだったけど、ちょっと入ったお酒とシカク隊長の暖かさに触れて、身も心もぽかぽかだった。
猛ダッシュでカカシの家まで飛んで帰った。
そして、ベッドに直行だ。

カカシの肩を抱き寄せ、耳朶にキスをする。

「最高だよな、シカク隊長」
「うん、みんな大好きだよ」
「気をつけないと、オレ達こともバレてるかもな。
あの人、そういうとこ、鋭いから」
「オレは、別にいいんだ」
カカシが小さな声で囁いた。

「オレはゲンマのこと好きだって、知られてもいい」
今度はきっぱりと言ったカカシは、ゲンマの胸に頬を寄せた。

「カカシ・・・」
ゲンマは、カカシをぎゅっと抱きしめた。

「ありがとうな。もう何もいらないよ。
その言葉だけでいい。最高のバレンタインだ」

「わ〜そうだ!チョコ!チョコ!」

カカシはぱっとゲンマから身を離すと、胸の巻物ポケットのボタンをぱちっと開けて、中からするりと細長い箱を取り出した。
丁度巻物くらいの大きさで、綺麗にラッピングされ、赤いリボンがかけられている。

「はい、オレからゲンマにチョコレートあ・げ・る!」

「さんきゅ、カカシ!
開けてもいい?」
「うん、一応ね・・・
オレの・・・手作り・・・」
「えぇ〜?カカシの!?マジで?」
「あ、その・・・手作りって言っても、チョコ溶かして・・・
くっつけただけっていうか・・・」

カカシは、恥ずかしくって顔を両手で覆ってしまった。

ゲンマがリボンを解いて、丁寧に包装紙を取った。
中の箱を開けると・・・

「え・・・・???」

ゲンマは、そっと手を入れて、端っこを摘んだ。

「あの・・・」

恐る恐るカカシが手の隙間から、ゲンマを見ると・・・
どろどろに溶けたチョコポッキーのような・・・ものを持っていた。

「わわわ〜 溶けちゃったの?」

カカシは慌てて、ゲンマの持っていた箱を取り上げた。

「ごめん、明日、もう一度作り直すから!!」

カカシは、料理のヘタな自分では、まともなチョコなんて作れそうにもないけど、チョコを溶かして、ポッキーにつけるくらいなら、自分にでも出来るのではないかと思ったのだ。
ビターチョコとホワイトチョコといちごと頑張って3種類も作った。
ゲンマへの思いをこめて。

「いいよ、折角カカシが作ってくれたんだからな。食べるよ」

チョコポッキーは、わざわざ作らなくたって、たくさんの種類が売っているというのに、敢えて、手作りしてくれたこと。
そして、カカシが大事に大事に胸ポケットにしまっておいてくれたから、こんなに溶けちゃったのかと思うと、ゲンマは嬉しくて堪らなかった。

「あ、あの・・・ゲンマって、いつも千本咥えているから・・・
その・・・ポッキーとか似合うかなって・・・思ってさ」

そのあまりにおかしな理論も思い込みもカカシらしくて、可愛いらしいったらありゃしない。
ゲンマは、もうすぐにでも押し倒したいほど、身体の中心に熱が一気に集中してきたのを感じたが、ここはカカシのチョコを食べなくてはと必死に堪えた。

「なぁ、カカシ、ポッキーの正しい食べ方って知ってるか?」
「え・・・そんなのあるの?」
「ほら・・・オレがこっちから食べるから、カカシもそっちを咥えて」
「え・・・こう?」

所謂恋人達が両側から食べるってあれだ。
カカシが小さい口をもぐもぐとして、ポッキーを食べる姿のなんと愛らしいことか。
溶けたチョコが、口に回りにちょっとついて、さらにえろチックだ。

(ヤバイだろ・・・もう、我慢できねぇ・・・)

二人の距離が縮まって、ポッキーが互いの口に中に全部収まった。
ごくりとポッキーを飲み込んで、さらに、ゲンマはカカシの柔らかい唇を貪り食らった。
ちゅっちゅっとカカシの口の周りについたチョコも味わう。

「あぁ、カカシのチョコは最高に甘いよ!」
「ん・・・うふ・・・本当に?美味しかった?」
「ありがとう、もう、メチャクチャ美味しかった。ホワイトデーも楽しみにしてろよ!」
「うん・・・」

ゲンマはカカシをぎゅっと抱きしめて、ベッドに押し倒した。

「ダメ〜!ダメだよ!ゲンマ!ちょっと・・・イヤ・・・」
「どうして? 恋人達のバレンタインだろ?」
「ああああ・・・
お願い・・・待って・・・」
「オレ、もう待てない!」
「だって・・・だって・・・」
「だって、何だよ?」
「オレ・・・く・・・」

カカシは、もぞもぞと身体をよじり、ゲンマの腕から逃れようとしている。

「どうした?カカシ?」
「オレ・・・何か・・・焼肉臭くない?」
「ぷっ・・・カカシたら・・・」
「先にシャワー浴びさせて」
「オレには、チョコの甘い匂いしかしなかったけどな。
カカシが気になるなら・・・
いいぜ!一緒に浴びてこよう!」

ゲンマは、ぱっとカカシを抱き上げて、バスルームに向かった。


甘い、甘〜い恋人達のバレンタインデーの夜は、もう一瞬も我慢出来なかったゲンマがバスルームから初めてしまったとさ。


Happy Sweet St. Valentine's Day !



                                                                                 2009/2/18

直線上に配置

BACK INDEX