×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

鈴の音   4
   

その青い色の綺麗な箱は、
いわゆる・・・
そう、宝石とかが入っているようなもので。
映画やテレビで見たことはあるけど、本物を目の前で見るのは初めてだった。

ほら、いかにもっていうシチュで出てくるようなあれね・・・

「○○さん、私の気持ちです。受け取ってくれますか?」

(給料の3ヶ月分の気持ちってどのくらいなんだろう?って、
子ども心にも不思議に思っていたあのシーン)

男の人が、この箱を女の人に渡して、
女の人がそれを開けて・・・

「まぁ!嬉しいわ」
なんて、涙ぐむような・・・

今、オレの掌に乗っているのも、
間違いなく、その箱そのものなんだよ!

「どうしたの?カカシ?
さぁ、開けてみてよ!」
「う・・・ん・・・」

心臓がドキドキして、先生に聞こえやしないかと思うくらいだった。
オレは、ふうっと息を吐いて、呼吸を整えた。

ゆっくりとその箱を開くと・・・・



中に入っていたものは、
鈴だったんだ。



「え?この鈴って・・・?」
「オレの一番の宝物だよ!
ずっと、ずっと、カカシに貰ってもらいたいと思ってたんだよね〜
受け取ってくれる?」

べ、別に、そんな・・・
ね、指輪とか、
何考えてたの、オレ。
そんなものを期待していたわけじゃ・・・
ないんだけどさ・・・
いえ、本当はしてました。

「先生・・・
もしかして、あの時の・・・?」
「そうだよ。カカシの下忍昇格テストの時のね。
これは、元々、自来也先生から、オレが受け継いだものなんだ。
そして、オレは、これをカカシに受け継いでもらいたい。
いつか、カカシだって、上忍師として下忍を担当する時が来る。
この鈴には、自来也先生の火の意思も、オレの火の意思もいっぱい込められているんだよ」
「オレが・・・下忍担当なんか・・・出来るの・・・?」

三代目や先生のおかげで、以前に比べれば、父の名誉も回復されていたものの、
それでも、上層部や一部の大人達の中には、未だにあのことをよく思っていない人もいる訳で。
そんな“白い牙”の息子が、里の未来を担う下忍の担当に就かせてもらえるなんて、
正直、思ってもいなかった。
自分は、暗部の一人として、どこまでも裏の任務に徹して、火影を護ることが出来ればそれだけいい、
と、思っていた。

「あったりまえじゃ〜ん!カカシだったら、いい先生になれるよ!きっと!
そうだ、オレの子どもの担当になってもらおうかな!うん、決まりだね!
今の内に、予約しておこうっと!ね〜カカシ先生!」
「先生・・・ありがとう・・・
オレ・・・嬉しいよ・・・」

見かけの箱の形から、一瞬でも妙な期待をした自分が恥ずかしくって。
でも、それ以上に、そんな大切なものをもらえたことが嬉しくって。
これから生まれてくる、まだ顔も見ていない先生の「子どもの担当になって」、
なんて言われても、全然ピンとこなかったけど。
それでも、そうなって欲しいって、先生が思ってくれていることが、
言葉に出来ない程、嬉しかったんだ。
オレは、そっと鈴を取り出して、目の前で揺らしてみた。
ちりん、ちりんと優しい鈴の音が真夜中の執務室に響いた。

涙が溢れて、溢れて、
止まらなかった。

先生はオレの頬に伝った涙をそっと拭って、
それから、ぎゅっと抱きしめてくれた。

「カカシ・・・お誕生日おめでとう」



   ****************************************



まさかそれが、先生からもらった最後の誕生日プレゼントになるとは、
その時は、もちろん、思ってもいなかった。

後から、考えてみると、
もうすでに、あの時、先生はこれから里へ降りかかるであろう災難を予感していて、
里を護る覚悟を決めていて。
そして、オレにあの鈴を託してくれたのかもしれないと思えた。

だから・・・
ただの鈴だったら、あんな宝石を入れるような立派な箱に入れなくてもいいのに。
どんな思いであの箱にあの鈴を入れてくれたのかと思うと、
オレの胸は張り裂けそうになった。


                                                                               2009/10/1

直線上に配置

BACK INDEX NEXT



                                 四に、一度言わせてみたかったんですよね!「カカシ先生」って。
                                 カカシは、夢の続きを見れたってことに、一応なるのかな。
                                 明け方カカシが見た夢と、帰ってきてから見た夢の中で、四が見ている夢がリンクしているんです。 
                                 ややっこしいのですが、四とカカシが同じ夢を見たということです(笑)
                                 鈴は、三代目も三忍達に使っていましたが、それは、この鈴とは別物ということで、ひとつお願いします。
                                 自来也からの、鈴ってことで!