×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

456話  ナルト出発・・・!!


   

ダンゾウの右手の指は包帯ぐるぐる巻きでしたが、ありましたね。
印を組んで、フーと一息吐いて、17人を瞬殺。
術名は出ませんでしたが、切り裂くって感じの風遁系っぽい。
敵は林の国、般若衆の暗部の残党ということでしたが。
ダンゾウが表舞台に出てきたところを狙っていたのでしょうかね?
それとも、五影なら誰でもよかったのか?

回復の早いナルトの体調が整って、カカシ班も出発準備OK!

カカシは、サイに、
「火影への連絡には
ナルトの行動は一切伏せておいてくれ
何も動きはないと」
と、うその報告をさせようとします。

「ボクは・・・
まだアナタに信用されてない
みたいですね」

「ダンゾウの部下で
ナルトの見張り役の君だ
だがお前は
オレ達カカシ第七班の
一員でもある」

「・・・信じてるよ」

出たぁぁぁぁ〜

カカシ必殺奥義エンジェルスマイル〜!!!

サイ半落ち。

(なんだろ・・・この感じ・・・)

何だか、身体が痺れてきた・・・どうしちゃったんだろう・・・(←サイ)

な状態ですね。
そして、

シュビっと親指を立てて、
「じゃなぁ」と、
笑って、トドメをさすカカシ!!!

サイが、完落ちした瞬間でした。
これで、君はカカシ班の一員だよ!
ダンゾウの逆スパイになれよ!

ナルトが、木ノ葉丸とおいろけの術勝負をしている間に、
カカシが、ダンゾウの手下の暗部を写輪眼で、眠らせちゃう。
サイとは別にナルトの監視が付いていたことに、
サイが信用されなくなってきたことを感じるカカシ。


「木ノ葉古書所」で、サスケの情報を巻物に写しているサムイとオモイ&カルイ。
やっぱ、木ノ葉には、コピー機はなかったみたい(笑)

やっと終わって、雷影の元へ出発。
玄関先で、何か小石のようなものを踏むカルイ。
テンゾウの仕掛けた「受信木」が靴の裏に刺さり・・・

さあ、尾行開始!!
カカシ班も出発〜!!

水影一行は宿で、前泊。
会談の地は、一日では着かない遠い所みたいですね。

それにしても、水影は、婚約破棄された暗い過去があるのかしらん!?
だからといって、少年を弄んではいけませんよ〜
どう見ても30代後半の水影と、10代後半にしか見えない長十郎です。

土影一行は野営で。
ここで、会談の地について、明かされました。

独自の文化・権限・戦力を保有する鉄の国という中立国。
昔から忍は手を出さない。
鉄の国は、忍ではなく“侍”が国を守っているとのこと。

トンネルを抜けるとそこは雪国だった。

ひええええええ

いきなり、侍、
いきなり、雪国。

そして、我愛羅を出迎えた鉄の国の大将は、“ミフネ”さんよ!

サスケ達も、もう到着してます!

カカシ班ももうすぐ着きそう!

きゃぁぁぁぁぁぁぁ〜
もしかして、
来週、カカシとサスケが再会するのかしら???
香燐がカカシのチャクラをどう感じるのかが、とっても興味深いですねぇ!
そして、サスケの第一声も!

とにかく、サスケは、前回、カカシがいなかったことを根に持ってますからね!
まだ、怒っているのよ。

「カカシも来たのか」

「フン」とか言いつつ、顔を赤くしているといいと思う。



                                                           2009/7/21

直線上に配置

BACK INDEX NEXT