×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

483話 再びの師弟!!

   

私はね、サクラの言っていることは、ある意味本音でもいいと思うのよ。
1部の最後のあのシーンと同じ思いをずっと抱いていたってことでも。

もちろん、ここでのサクラは、もう、そうは思っていなかったってことなんですが。
「おまえは本当に・・・」
と言ってはいるけど、サスケだって、全然、信用していないしね。

だから、香燐に止めを刺せなんて言ってるけど、サクラにはそんなこと出来ないって思っているし、
香燐の代わりになるとも思っていなんだよ、本当は。

「今・・・サスケ君を刺せば・・・
すべてが終わる・・・!」

のところは、ちょっとなあ。
もちろん、サクラの思いとしては、そうなんだろうけど、
サクラも前にサスケの変化を見ているのに、
クナイ1本でサスケを殺せると思うっのは、ちょっと無理があるような。
サクラのあの横顔は、
(やっぱり、私には出来ない・・・)
って、顔だと思いますが。

そして、サクラの背後から、千鳥を当てようとするサスケに。

「やめろ・・・サスケェ・・・」

殺されそうになっても尚、サスケのことを思う香燐が切ない!
ここは、泣けたわ!
やっぱ、香燐ちゃん大好きだあ〜><

サクラが振り向き・・・
サスケの千鳥がサクラに向かって・・・


カカシキターーーーーーーーーー!!!

祝!師弟再会!

「・・・!」 

「落ちたな・・・サスケ」

のカカシが壮絶色っぽいいいいいいい〜><
サスケとカカシが一緒に並んでいるだけも、心臓に悪いよ!

サスケの「・・・!」は、もちろん、=「カカシ!」でしょう!
そう、心の中で叫んだはずです、絶対に。

で、お次の声になった第一声は、

「へッ!次から次へと・・・」
「ヘッ!」ですよ!「ヘッ!」
なんかね、サスケが嬉しそうな顔しているように見えてならないよ!

「サクラ・・・お前一人で
サスケを殺ろうとしただろう・・・?」

「そんな重荷を
お前が背負う事はないんだよ」

ここのカカシの横顔がとっても、綺麗で切ない・・・><

「安心させようと無責任なことを言った・・・」

ーーー大じょーぶ!
   また昔みたいになれるさ!

「自分に言い聞かせてたのかもしれない・・・」

「だらしない先生ですまない・・・」

カカシィィィィ〜><

なんか、もう、胸が痛いよ・・・
どんだけ、自分を責めまくっているんだ、カカシは。
この「すまない」はね、サクラだけにというより、サスケにも謝っているんだよね。

そして、今度はサスケを真正面から見て、

「サスケ…
オレは同じ事を何度も言うのは
あまり好きじゃない・・・

だがもう一度だけ言っておく・・・

復讐に取りつかれるな!!」

ここのカカシは、超超かっけええええええええ
鳥肌立ちました。
しかも、隣のコマのサスケは、どこか微笑んでいるようにも見えなくはない!!!
私の目には、そう見えるのだ!!

「・・・イタチを・・・
父を・・・
母を・・・

一族をここへ連れて来い!!
そしたらそんなもの止めてやる!!!」

「そんなもの」=復讐ですよ。

サスケにとっても、「そんなもの」なんだよ。
だけど、自分じゃ止められない。
カカシに止めてもらいたいんだよな。

「・・・お前を殺したくない・・・」

これも、カカシの本音ですよね。
まだ、希望は捨ててないと思うよ。

サクラに香燐を回復してやれと命ずるカカシ。
ああ、良かった!香燐ちゃん、これで、大丈夫だね。

「先生は・・・?」

「サクラ・・・お前はその子を連れて・・・
ここから離れてろ・・・」

ちょおおおおおおおっと!!!

「ここから離れてろ」ですよ!皆さん!

ええ、これは、もうねえ!!!
何をするかって、そりゃあ、何しかありませんよ!

サスケカ的腐目線で見ると、
たまらん、ひとことですよね〜><
サクラと香燐に見せられないことするんですよう!はぁはぁはぁww
むぎゅっとちゅうですね!むふふ。

真面目な目線で見ると、もちろん、
「これ」というのが、サスケの抹殺で、
「それ」をサクラに見せたくない、
ということんなんでしょうけど。

「お前の覚悟の重さはオレが受け取るよ
ま・・・これはオレの役目だ」

でも、私は、カカシはね、最後まで諦めていないと思う。
サスケを木ノ葉に連れて帰ることを。

「ホラ早く行けサクラ」

ここも、やっぱり、腐目線でしか見られません!
カカシも、相当我慢しているから!?(笑)

「おまえがいると、ちゅうできないじゃん」

とか、イラっときてそうだな、カカシ。

「・・・どんなに落ちても
大蛇丸がかわいいと思えてたんだな

三代目火影様がどんな気持ちだったか・・・
今になって分かるとはね…」

もう、かわいいですよ!かわいい!
サスケ=かわいいってことですよね!
これってカカシの大告白なんだよ〜><
   
  「それなら・・・
アンタは三代目の二の舞を演じる事になる」

額宛をクイっと上げるカカシ。
「アンタ」っていうサスケ。
最後の2ショットは、これまた泣ける!!
そして、二人ともカッコイイ!

ナルトも、近くまで来ているみたいですが、
どうだろ、また、サスケには会えないような気がします。



                                                           2010/2/28

直線上に配置

BACK INDEX NEXT