×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


直線上に配置

484話 それぞれの第七班!!


   

香燐を治療するサクラが号泣・・・
そして、その涙を見て、香燐もまた涙。
ライバルだからこそ、同じ痛みがわかるんだよね。
もうサスケの元には戻れないかもしれないけど、香燐が助かってよかった。

正面からカカシに突っ込んで来るサスケ!

こっちに向かっているナルトはイタチ、我愛羅、そして、雷影様の言葉を思い出している。
でも、まだ、答えは出せない。
すべては、サスケに会ってからということ。

「須佐能乎」で、カカシを攻撃するサスケ!
「神威」で、それを消し飛ばすカカシ!

カカシ、「須佐能乎」のことを知っていましたね〜!
こっそり、イタチから教わっていたのなら嬉しいな!

そして、カカシの説教タイム!

「・・・おまえは
本当は 分かってるはずだ」

うん、サスケはわかってるいるのよ!その位はね。
わかっているけど、止めてもらいたいんだよな、カカシに。
川の水で濡れるカカシが、これまた、超絶綺麗〜♪

サスケは、みんなの笑顔が辛かったんでしょうね・・・
いつも、一人ぼっちでさ・・・
笑い声も何もかもが・・・

カカシを攻撃しようとするサスケ!
でも、もう大分視力が低下しているようです。
カカシが見えない・・・

って、ここでいきなりサクラがサスケの上から突入!
もう、先生の言うことは、ちゃんと聞かなくっちゃダメでしょ!

「・・・カカシ先生に重荷は背負わせない!!」

と、言ったものの、

「・・・覚悟
・・・したハズなのに・・・!!」

ここでは、サクラに頑張って欲しかった。
たとえ、かすり傷を負わせることすら出来なくっても。
しっかし、このターンのサクラの表現に関しては、
本当に、残念すぎる展開ですねえ・・・
酷過ぎるよ。

サクラに気がつくサスケ!
カカシ、万華鏡使って、足元ふらつく。
クナイを奪い、サクラを刺そうとする。

「よせ!!サスケェ!!」

えええええええええ〜><
こんだけえええええ〜><

マジですか!?

ナルトがもう来たよ〜
ちょっ、早すぎるってば!

サスカカ師弟対決!!
こんだけですか!?

でも、予告には、
「サスケと戦うカカシにある変化が!?」とありました!
ってことは、来週も引き続き、サスケVSカカシですよね!!



                                                           2010/3/8

直線上に配置

BACK INDEX NEXT